タピオカの通販や卸売ならタピオカ専門販売のタピオカ エキスプレス

タピオカをもっと気軽に飲めるドリンクへ

タピオカは台湾をはじめアジアでは街角でパールミルクティーなどと呼ばれ、気軽に飲めるドリンクとして普及しています。
タピオカエキスプレスは日本の皆様にも美味しいタピオカドリンクをいつでもどこでも気軽に楽しんでいただける様、飲食店舗様、販売業者様向けタピオカの国内普及を目指し、徹底的な作業効率化と品質向上策を図り、日本国内での高品質・低価格タピオカの製造を実現しました。
飲食店の皆様に簡単オペレーションでしかも廃棄ロス「ゼロ」という【クイックタピオカ】
タピオカドリンクの専門店や大量販売に向いているコスト重視の【生タピオカ】
この2種類を販売させて頂いております。
今後もより一層の企業努力でタピオカの美味しさを世界に伝え、皆様が毎日当たり前の様に飲んでいただける食材として普及させてまいります。

タピオカとは?

タピオカ、というのは厳密にはデンプンの事を指します。
ここで言うタピオカとはいわゆるタピオカパールのことです。
タピオカを粒状に加工した物が「タピオカパール」です。
これが一般的にタピオカを呼ばれている物ですね。
タピオカパールとはキャッサバというイモのでん粉から作られた直径約1cm程度の丸い食べ物です。
食感は「もちっ」、とか「くにゃっ」とした感じで、独特の病み付きになる噛み応えがあります。

タピオカドリンク

タピオカドリンク

タピオカティー、またはパールミルクティー等と呼ばれ、ミルクティーにタピオカパールを入れた台湾発祥の飲み物が元祖。
おもに冷たくして飲みます。(ホットもあります)
現在ではさまざまな味のドリンクがあり、イチゴミルク味やマンゴー味等、色んな味のドリンクを楽しめます。

タピオカドリンクの歴史

そもそもタピオカミルクティーは台湾で1983年頃発祥し、またたく間にアジア圏で広がり、台湾の国民的飲料とまでなりました。
中国語圏では珍珠茶、波霸茶、北米ではbubble tea、boba teaなどと呼ばれています。
日本でも一時期流行ったものの、なぜかあっという間に消え去ってしまったと思われていました。

なぜタピオカなのか?

近年タピオカ専門店が徐々に増え始め人気が再び出てきています。
これはタピオカが適度な満腹感を与えてくれるため、ショッピングの途中や仕事帰り、学校帰りなどに食事までの小腹を満たしながら喉の渇きも潤し、さらに独特のモチモチとした食感が年齢・性別を問わず受け入れられているドリンクだからです。

タピオカ

自宅では味わえないタピオカの性質

タピオカは茹でるのに30分以上かかります。
また、茹でてから4~5時間経つと固くなってしまうため作り置きができず自宅で1〜2杯作るのには適していません。
そこでタピオカドリンク店に人が集まります。

簡単オペレーション・小規模設備・小スペース

店舗運営の視点から見ても小さい坪数、簡単なオペレーション、小スペース、少人数で大量にさばけ、非常に始めやすいビジネスなのです。

ラインナップ

当店で取り扱っているタピオカの一部を紹介します。

個人の
ご注文こちら

店舗様の
ご注文はこちら

学園祭の
ご注文はこちら